Camp Inc.

ゆったりと、文字で一服

新フォントリリース記念ノベルティ制作|フォントワークス株式会社

Retail & Products 2018

「筑紫書体」や「ロダン」など、多くの人に愛されるフォントを数多く生み出しているフォントワークス。2018年、同社が新フォント「筑紫Aヴィンテージ明朝」「筑紫Bヴィンテージ明朝」「筑紫Cオールド明朝」をリリースした記念として、このフォントをイメージしてつくられた日本茶のノベルティの企画・制作を担当しました。

本ノベルティは、「価値ある時間を大切に」をコンセプトにお茶を通じてコミュニケーションの大切さを伝える個性的な日本茶ブランド「VAISA」の協力のもと、各フォントを使用した3種類のパッケージデザインと、それぞれのイメージに合わせたお茶の味を選定していただきました。デザインは、フォントの新登場に驚いた「VAISA」オリジナルキャラクターのバイサくんのイラストを軸に構成しています。

この企画のコンセプトは「もらったあとも思い出してもらえるグッズ」。ボールペンやバッグといった仕事の中で使う品ではなく、あえて「日本茶」をセレクトすることで、会社に戻ってからの休憩時間や休日のプライベート時間に、ゆったりとした気持ちで思い出してもらえるようなノベルティを制作しました。

左:筑紫Aヴィンテージ明朝
明朝体が表現する「気品さ・高級感・ 繊細さ」に合わせ、奥深い香り味わいが特徴の福岡県うきは市「うきは茶」を選定。
中央:筑紫Bヴィンテージ明朝
フォントから溢れるダイナミックな躍動感と生き生きとした表情をイメージし、味が濃く茶葉のいきいきとした香りを感じることができる静岡県「森のお茶」を選定。
右:筑紫Cオールド明朝
クラシカルで斬新な運筆を意識したこちらの書体には、茶葉に厚みがあり、濃厚なコクとふわりと立ち昇る香りが特徴の茨城県「さしま茶」を選定。

Credit

クライアント:フォントワークス株式会社
プロデューサー・ディレクター:新田晋也(Camp)
ディレクター:郡司淳史(心電)
デザイナー:苅込宗幸(心電)、大門佑輔(心電)
協力:株式会社 心電

Link

Fontworksさまのノベルティー(NOVEL-TEA)を制作いたしました!!(VAISAさまHPより)
http://vaisa.jp/2018/10/26/post-395/

株式会社 心電
https://sinden.tokyo/

Previous

さわって、あそんで 文字とみんなのナイスな週末。

Next

美しくのびやかなハネ、ハライ

View All
loading