Camp Inc.

85年分の愛と感謝を伝える

東急東横店クロージングPJ「#東横デパート閉めるってよ」|株式会社東急百貨店

Creative Work 2020

2020年3月31日に85年の歴史に幕をとじた、渋谷駅のターミナルデパート「東急百貨店 東横店」。そのクロージングPJである「#東横デパート閉めるってよ」の特設サイトのプロデュース、プランニング、ディレクション、ソーシャルメディア・マーケティングを担当しました。

特設サイトほかすべてのキービジュアルには、ニューヨークタイムズ紙やマクドナルドなど国内外のアートを手がける人気イラストレーター・松本セイジさんを起用し、長きにわたり渋谷の玄関口を彩った東横デパートの存在を表現。

Twitterを中心に行ったオンライン戦略としては、まずメインコピー(ハッシュタグ)として、SNSカルチャーになじみつつキャッチーに響くワーディング、また「#あのときの渋谷」でユーザーから思い出を募るなど、UGCを念頭に幅広い層に届くコミュニケーションを行いました。さらに「85年分の東横総決算」として3ヶ月にわたり開催された最後の催事と連動し、店頭購入した商品を「戦利品」としてハッシュタグをつけてツイートすることで、抽選でさまざまなグッズが当たるSNSキャンペーンも実施。プレゼントの復刻ポスターやショッパー、同時開催中だった「東横デパートの思ひ出展」の展示品・ひばり号などが話題となり、SNS上でも大きな反響を呼ぶ結果となりました。

ほかにも、特設サイト上で展開した渋谷の街や東横店に関するコラムや、写真やスタッフインタビューをメインとしたInstagramマガジン。また渋谷の街なか約600箇所でのポスタージャック、東横沿線でビジョン広告も展開。 すべてのお客さまに「愛と感謝」を伝えつつ、潜在層に興味関心を生み出したO2O戦略として『宣伝会議』にも掲載されました。

歴史ある東横デパートの存在感を表現したキービジュアルは、人気イラストレーター・松本セイジ氏が担当。
特設サイトでは、キャンペーンの詳細や、ハッシュタグのついたツイートを掲載したほか、渋谷や東横店の豆知識を中心としたコラム連載を実施。
約600箇所に貼り出されたキャンペーンポスターが渋谷の街をジャックした。

Credit

クライアント:東急百貨店
企画:Camp Inc.
プロデューサー、プランナー:新田晋也、横田 大(Camp)
ディレクター:金田ひかり(Camp)、平藤 篤(MULTiPUL)
ソーシャルメディアマーケター:ちゃんはる(Camp)
デザイナー、制作:ハラヒロシ、堀内宏道(Design Studio L)
イラストレーター:松本セイジ
フォトグラファー:小泉優奈

Links

#東横デパート 閉めるってよ|東急百貨店公式ホームページ
https://toyoko85.tokyo/

「#東横デパート閉めるってよ」から開かれる、みんなの東急百貨店東横店ストーリー ――特設サイトの裏側から
https://note.com/campinc/n/n30b29916e220

Previous

学生に、社会に、“滋養”をつくる

Next

ちょうどいい文字をちょうどいい価格で

View All
loading