Camp Inc.

シブヤに流れる、いつものトクベツ

手仕事作品のマーケットイベント「渋南マーケット」運営|東急株式会社

Space Produce 2018-

「渋谷で働く人や周辺で暮らす方々の感度を刺激し、暮らしが豊かになること」をコンセプトに、渋谷ストリームで2018年夏より開催されてきた「渋南マーケット」。2019年5月にメインビジュアルや什器を一新し、新しく生まれ変わった本イベントの企画・運営、キュレーション、キービジュアル制作を担当しています。

リニューアル後のキービジュアルでは、イラストレーター・くさのなおひでさんを起用。「“いつものトクベツ”を楽しむ」という新たなタグラインのもと、渋谷川を背景にさまざまな人・物・ことが出会い、交流を楽しむ様子を表現していただきました。ポスターは、季節とそのときどきのテーマに応じて配色を変更するなど、イベントごとにデザインを行っています。

出店者は、各テーマに合わせ、食器・カバン・ストール・帽子など手仕事の作家を中心にキュレーション。また、全国の作家による上質なクラフト作品が楽しめるマーケットプレイス「iichi」でも公募を行い、総勢およそ20組のクリエイターによるショップが賑やかにマーケット内に並びます。

本イベントで大切にしているのは「マーケット出店の経験がすくないクリエイターの出発点」としての側面。雨天時の対応や非常時の対応など、事前の準備を徹底し、はじめて参加するクリエイターが最初の一歩を踏み出しやすいイベントづくりを心がけています。

2019年5月「渋南マーケット Vol.8 初夏を楽しむマーケット」のポスター。イラストは、イラストレーター・くさのなおひでさん、デザインは橋本太郎さんが担当。イラストの下段部分ではマーケットの様子が描かれている。
イベント当日、さまざまなショップが並ぶマーケットの様子。多くの人が行き交う渋谷ストリームで開催されている。
リニューアル後より、工具いらずで組み立てられる木製モバイル屋台「TINY STAND」さんの什器を起用。

Credit

クライアント:渋谷ストリーム
プロデューサー:新田晋也(Camp)
ディレクター:服部優稀(Camp)、澤木美奈(Camp)
イラストレーター:くさのなおひで
デザイナー:橋本太郎
募集協力:iichi

《マーケット出店者(2020/11/02.03)》
VITAMIN SUPLI by FAA、MIN BAGGAGE、こぎん刺し絵糸、Sq glass、FUKURAFT、R/E SIDE STORE、雪のくじら、tergen、IRODORI、2étape、アルパカの兄弟、Little Riddle、R.Y.works、KANAMI TAKEDA CERAMICS、COCOCOCO、遠藤加奈、家具雑貨工房、ki-kiru、Maco、八屋、ombre bijoux

Previous

さわって、あそんで 文字とみんなのナイスな週末。

Next

東京インディ・カルチャー最前線

View All
loading